■プロフィール

サカリキ

Author:サカリキ
サカリキ
1975 天理市生まれ
奈良県天理市在住
A型 獅子座
趣味:自転車、テニス、サッカー観戦

愛車
旧: Trek 7100 (事故に遭い廃車)
現: Colnago Primavera
現: Cinelli Willin'

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大正池は表も裏もキツイですね(汗)
本日のモクレンも辻善光選手や豊岡英子選手を初め、豪華メンバーとご一緒させていただきました。

ルートは大正池を上って、信楽で朝宮付近の峠を登って、和束経由で復路でした。

トータルの距離としては100kmを少し越えた位でした。




今回も大正池はきつく一人旅に。

ただし、前回よりは少し強度を自分的には高めを意識して上ったところ、
最後の斜度のあるところでは一部きつくなりましたが、最後までたれずに上れました。

先頭集団では激しいアタック合戦になったようですが、
一人グルペットのサカリキには一切関係なく(笑)




しかし、それ以上に差が開いたのは裏大正池の下り。
みんなあっというまに下っていくのですが、
サカリキは下ハンが使えない分、マイペースで下っていきます。

途中、裏大正池を上ってくるローディーが一人おられましたが、
こんな急な坂を登ろうという人の気が知れない(笑)
先日、○ゃうちゃんさんが女性ローディーながら裏大正池登頂を達成したそうですが、
とても自称ポタリンガーの所業とは思えません。
すでにクライマーを名乗ってあまりある実力をつけておられるのでしょう。

ブラケット部分をずっと握りしめての下りですっかり手が痛くなりました。

手組ホイールのリム幅が微妙にカンパのホイールに比べて狭く、
ブレーキの利きが甘いのも下りが怖い一因かも。
下りの練習が済むまで、冬場の練習ホイールをカムシンに戻すのもよいかも、と思いました。




和束のコンビニで小休止のあとは信楽へ。
森林公園方面は工事中で、協和ゴルフ側を抜け、朝宮付近の峠へ。
斜度が上がってくる辺りから再び一人旅に。
ケイデンス計とにらめっこで極力一定ペースで上っていきます。
トルクが掛かって少し楽に登れる感じだったのは、先週のポジションチェックのおかげでしょう♪




この後は下り基調で和束方面への復路に。
50km/h位の高速列車です。
ようやく少し集団に付いて走れる感じになりましたが、ふとした瞬間に差が開く。。。
原因と修正点をばっちり善光選手からアドバイスいただきました(^^)

和束のコンビニで再度の小休止の後は木津まで戻ってランチタイム♪

ランチの後はがんじーくんと二人での帰路となりましたが、
がんじーくんは練習でばっちり追い込めたらしく、お疲れ気味。
一方ボクはまだ走れそうで、自分の追い込み不足を痛感。
もう少し上りで頑張れるようにならなくては!!




追記

12/13(月)走りに行く予定です。
平日ですが、ご一緒できる方おられましたら、ご一報ください(^^)
コース等は現在検討中です。


↓↓ブログ・ランキングに参加しました。
サカリキ、健康になってね~! という温かい声援をくださる方、
バナーをポチッとクリック、応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

自転車 | 23:59:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
日本のトップ選手と走れるなんてうらやましいなぁ。
僕もいっぱいアドバイスもらいたいー!
2010-12-03 金 08:58:23 | URL | まか~ん [編集]
いつかご一緒に♪
>まか~んさん

> 日本のトップ選手と走れるなんてうらやましいなぁ。
> 僕もいっぱいアドバイスもらいたいー!

まだまだ未熟なボクですが、すばらしい先達に恵まれて、幸せです。

アドバイスいただいたことを活かせるよう、頑張ろうと思ってます。
2010-12-03 金 14:10:20 | URL | サカリキ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bottepiccola.blog40.fc2.com/tb.php/560-18dcbf28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。